読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学力はあるけど通訳案内士一次邦文問題を解けなかった私がたった2ヶ月で独学一発合格したMFTメソッド

このブログは語学力はあるけど通訳案内士一次邦文試験が解けなかった私が、独学たった2か月で試験合格した方法をブログでつづっています。

【※必読】通訳案内士の現状とマインドセット

こんにちは!
通訳案内士チューターのニックです!
 

今日は通訳案内士をとるメリット

についてお話したいと思います! 

 
……「え?今更なそんなこと言わなくても」
と思うかもしれません。
 
ですが、このメリットを
知っているかどうかで
試験へのモチベーションが
圧倒的に変わってきます。
 
当たり前のことかもしれませんが
この「メリット」を再確認することは
試験に合格するうえで
絶対に必要不可欠なことなんです。
 
このメリットをしっかりと再確認し
明確な目的をもって
勉強を進めることで
 
あなたは通訳案内士の取得に
大きなモチベーションを得て
勉強に張りが出ます。
 
 
 
 
逆にこの記事を読まないと
通訳案内士をとる意義や
資格取得のモチベーションをなくし
 
資格取得ができなかったり
とれたとしても有効活用できない
可能性が高まります。
 
 
 
 
 突然ですがあなたは

通訳案内士の現状について

どのようにお考えでしょうか?
 

f:id:takumi-change1115:20170205232238j:plain

 
「オリンピック近づいているし需要ありそう
 海外からの旅行者増えてるし仕事あるでしょ」
 
そう考えていらっしゃる方がたくさん
いらっしゃると思います。
その点で自分の仕事にしたい、強みにしたいと
考えている方が大半でしょう。
 
 
 
ただ
資格取得を目指す際に
知っておいてほしいデータがあります。
それは通訳案内士の現状についてのお話です。
 
 
 
 
現状のお話をすると
このようなデータが観光庁からでています。
 
資格取得者の4分の3が資格を活かしてない
専業は6パーセントほど
年収割合は200万以下が6割
 
ただし年収に関しては兼業、専業を含み
就業者の年間就学日数は30日以下が
半数以上を占めているため
このような結果になっている考えられています。
 
 
 
 
 
正直、このデータを見て
 
「通訳案内士取るメリットがわからない」
「なんで仕事に直接繋がらない資格を
    取得しなきゃいけないの」
 
 
そう思われたのではないでしょうか?

f:id:takumi-change1115:20170220152135j:plain

 
通訳案内士とっても
仕事がなければ生活できないし
そんなもので理想の生活を送れない
 
僕も最初そう感じました。
 
資格を持っていたとしても
仕事が直接もらえるわけじゃないし
安定した生活が送れなくなる。
 
わざわざそんな危険なことしたくない
リスクをとりたくない
 
多くの不安や感情が湧いたと思います。
 
 
 
 
 
でも考えてみてください。
弁護士は司法試験を通ったから
弁護士として安定して暮らせますか?
 
あるいは
医者は医師免許があれば
裕福に暮らせますか?
 
 
答えはYESでありNOです。
 
 
なぜかというと
資格所得はその業界の
いわゆる入場切符でしかないからです。
 
弁護士でも医者でも仕事場所を探し
そこで専門知識や経験を積み
何年もかけてプロフェッショナルになります。
 
通訳案内士も同じです。
仕事を探し、実際やっていく中で
信用を積み上げ
 
この人に案内してもらいたい
この人のガイドで日本を案内してもらいたい。
 
そう思っているもらえるような
仕事ができるようになります。 
 
 
 
 
それはかけがえのない
やりがいになるし
あなたへの最高の報酬にもなります。
 

f:id:takumi-change1115:20170220175622j:plain

 
 
いわば資格取得は
通訳案内士への
入り口へたどり着いた状態なのです。
 
そこから先は良くも悪くも
あなた次第です。
 
 
 
 
もしあなたがこのまま
今の仕事をして満足できる
これから先ずっとやっていける
 
そう思っているなら資格所得は
無理にオススメしません。
 
 
 
ただ、これから資格取得することによって
自分の強みを作り出し
あなたの望む生活に近づく
 
そう感じるのであれば
その理想の切符として
資格所得を強くオススメします。
 

f:id:takumi-change1115:20170220152930j:plain

 
資格取得は
あなたに有償ガイドができるほどの
能力があるという証明と
新しい生き方を手に入れるための
大きな力になります。
 
 
 
また周囲の人から
あなたは
外国人を案内して日本を紹介できるという存在
と思われることができます。
 
 
 
どの仕事もそうですが
はじめのうちは失敗がつきものです。
私もガイドをしていて
失敗したことはたくさんあります。
 
でも
「君のガイドはわかりやすくて
   楽しいし、いろいろ勉強になる」
 
そんな自分の仕事の評価を
直接もらえる仕事で
生活をたてることは
本当にやりがいがあります。
 
 
 
あなたにイメージして欲しいのは
通訳案内士を取った後
どうなりたいか、どうなっていたいか
 
そのイメージを持っている
持っていないかで
その後の生活が大きく変わります。
 
 
 
このイメージができたあなたは
通訳案内士を自分の本当の強みとして活用し
理想の生活を手に入れることに
大きく近づきます。
 

それでは

紙に具体的なイメージを一つ

文章で書き出してみましょう。

 

本当にちいさなこと
例えば
外国人にありがとうと言われる
とかでも構いません。
 
 
きっとあなたは
今までよりも具体的なイメージを持って
試験合格しようと感じると思います。
 
そうして試験勉強に向けて
ブーストをかけていくでしょう。
 
それでは今日はこの辺で!
 
それではまた、お会いしましょう!
 
この記事を読んだあなたへオススメの記事はこちらです
 

【※回数制限付き】あなたを強制的にやる気にさせる方法

 こんにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

一度決断したのに

実行できない。中途半端に終わる……

そんなことありませんか?

 

今日は

「一度決断したことを

 強制的に実行に移す方法」

についてお伝えします。

 

あなたがこの記事を最後まで読んだら

 

一度決断したことを

最後まで実行し

目標に近づく

自分を手に入れること

 

そして

実行できたことは自信になり

理想の自分に大きく近づいたことを

実感します。

 

しかし

この記事を読まなかったら

 

いつまでも中途半端な状態で

実行できない自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

f:id:takumi-change1115:20170212132647j:plain

 

 

通訳案内士の資格を取るための

勉強をしようと思っていたのに

実行できない。

中途半端に終わる……

 

そんなことありませんか?

 

どうして一度決めたことが実行できないのか。

 

それはすべて自己完結しているからです。

自己完結してしまうと

途中で目標を曖昧にしてしまったり

言い訳を作りやすくなります

 

例えば、人との約束は守れるのに

自分できめたことはついつい破ってしまう。

そんな経験ありませんか?

 

人は頭の中で考えている

自分の決意をゆがめたり

実行できない理由を並べてしまいがちです。

 

これは変えられない習性だし

自分を守るためには

むしろ必要な部分でもあります。

 

 

 

ではどのようにすれば実行できるのか。

 

その習性を逆手に取って

他人の目を利用しましょう。

 

f:id:takumi-change1115:20170220120459j:plain

 

 

 先ほどの人との約束を守れるというのは

人の目があればしっかり実行するという

証明です。

 

 

人は他人の目を気にして生活しています。

そうして、約束を破った時に起きる

信頼の低下や怒らせたくないという気持ちから

約束を破らないように行動します。

 

裏を返せば、人に認められたい、信用されたいという

所謂、承認欲求の話の話になってきます。

 

人に認められたい。

これは本当に強い原動力です。

 

この原動力を生かさない手はありません。

 

この原動力を活かすためには

他人に自分の決意を口にする方法

最適です。

 

一度口にしたことは

脳がそうなりたいと認識してしまい

その方向に勝手に向かっていくというのも

科学的に証明されています。

 

 

そして一番大事なことは

決意を口に出すと

実行しないといけないという環境

を手に入れることができるということです。

 

これはすごいモチベーションになります。

 

 

 

「でも、口にだすのは恥ずかしい。

 実行できなかったら嫌だ」

 

そう思うかもしれません。

 

では実際

決意表明した場合を想定しましょう。

 

「通訳案内士になって好きなことをしたい」

「資格を取って自分のスキルの証明にしたい」

 

人はあなたのことを笑いますか?

 

いいえ。そんなことはありません。

 

 

 

むしろ

挑戦しようとしている人

努力している人として認識されます。

 

またやさしく支援してくれたり

有益な情報をあなたにもたらすかもしれません。

 

あなたはそんな人たちに対して

成果をもって答えようとします。

 

もし、万が一、笑う人がいるとしたら

それは他人の不幸を楽しむかわいそうな人です。

無視しましょう。

 

f:id:takumi-change1115:20170212133425j:plain

 

 

もうひとつ決意を口にすることで

意識してほしいことがあります。

 

それは

人はあなたのことをそこまで気にしていない

ということです。

 

こういうと語弊が生じるかもしれませんが

 

人は自分にとって

重要な判断や決断だと

過剰反応してしまう習性があります。

 

ところが

他人にとってあなたの決断は

そこまで重要ではないのです。

 

 

つまり、

決意を口にするデメリットは

ほとんどありません。

 

 

むしろ高評価につながりやすい方法といっても

過言ではありません。

 

 

 

ただしこれには回数制限があります

オオカミ少年の例にもあるように

何度も口に出して実行しないと

あなたへの信頼は低くなります

 

また自分自身も口にすることの

制約がなくなり、実行しないことの

罪悪感がなくなってしまいます

 

それらを回避するため

あなたは必死になって

勉強することが当たり前になってきます。

 

そして成果が出ると

 

自分に大きな自信を得るとともに

 

あなたは周りの人に

行動力がある人と認識され

あこがれられる存在になっていきます。

 

f:id:takumi-change1115:20170212133045j:plain

 

そこでまずは

 

今日5分勉強する

 

実行可能なものを自分で選び

友達や家族に宣言してみましょう。

 

方法はなんでもかまいません。

 

きっと

やらなきゃという感情と

目標を達成したあとの自分に

ワクワクしてきます。

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまた、お会いしましょう!

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com

 

集中力3倍で赤い彗星といわれるほど効率よく勉強できる方法

んにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

カフェや図書館で勉強するとき

どうしてはかどると思いますか?

 

今回は

「努力なしで集中力を3倍にする方法」

についてお伝えします。

 

この方法を実践すると

短時間で効率的な学習が可能になり

少ない時間で多くの問題を解き

試験合格に大きく近づきます。

 

また少ない時間で勉強できるので

自分の余暇に時間をあてたり

勉強のストレスで

苦しむこともなくなります。

 

逆に実践しないと

だらだらと効率の悪い学習を続け

結果のでない無駄な時間になってしまいます。

 

 

f:id:takumi-change1115:20170212101839j:plain

 

 

集中力の有無。

それは勉強効率に大きく影響してきます。

 

 

「テストの勉強時間は短いけれど

 高得点をたたき出す人」

 

 

こういうひとは一概に

頭がいいとか頭の回転が速いとか

言われていますが

 

一番大きく違う点は

集中力の高さ

によるものが大きいのです。

 

 

 

集中力が高いとどうなるのか。

それは勉強の質に直結します。

 

勉強の質が上がれば

効率はあがり

何度も復習せずとも

頭にしっかり学習内容が入ってきます。

 

つまり、勉強効率を上げるには

集中力が必要不可欠なのです。

 

 

 

 

勉強効率が上がることにより

1時間の勉強が1,2時間分

上手くいくとそれ以上の価値を出し

 

より少ない時間で

試験合格をもぎ取ることができます。

 

 

f:id:takumi-change1115:20170212102715j:plain

 

 

ではどのようにすれば

集中力を高め

勉強の質を上げることができるのか。

 

 

簡単です。

勉強道具以外

机の上にものがない状態

にしてください。

 

 

「え、さんざん引っ張っといてそれ?」

 

 

そうです。たったそれだけなのです。

たったそれだけで集中力を

何倍にも跳ね上げることが可能です。

 

人の脳は認識するものが多いと

無意識に意識してしまい

集中力が分散してしまう。

 

これは科学的に証明されており

実生活で多く見られます。

 

例えば

 

机に向かったはいいが

隣においてある漫画棚が気になって

つい読んでしまう。

 

勉強しようと思ったけど

つい目についたものを

いじってしまう。

 

あなたにもそんな体験が

あったのではないでしょうか?

 

 

私はいつもそうでした。 

 

しかしこの方法を実践してから

まるで自分がシャア専用ザク

乗ったかのように

 

スムーズに勉強できるようになり

復習も効率よくできるように

なりました。

 

 

 

冒頭の質問にもどります。

 

カフェや図書館で勉強するとき

どうしてはかどると思いますか?

 

f:id:takumi-change1115:20170212103246j:plain

 

あなたならもうおわかりなはずです。

 

同じことが家でも簡単にできます。

 

 

 

まずは机の上にある雑誌を

本棚に一冊もどしましょう。

 

 

 

きっと勉強がいつもより

はかどって驚くほど集中できます。

 

短時間で集中することによって

あなたの時間を有効活用することが

できます。

 

脳みそを赤く活性化させて

効率の良い勉強を心がけましょう。

 

それではまた、お会いしましょう!

 

この記事を読んだあなたへオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com

【通訳案内士必須】試験内容まとめ 最新版

こんにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

今回あなたにお伝えするのは

語学系唯一の国家資格

通訳案内士の試験内容です!

(5月2日追記 試験日程確定しました!)

 

f:id:takumi-change1115:20170403160854j:plain

 

「え、そんなニックさん

 今更そんなこと確認しなくても」

 

そう思われた方も

いらっしゃるとおもいます。

 

ただ、試験内容という敵を知らないで

勉強するということは

戦場でTシャツ短パンで臨むということです。

行ってもボロボロに負けるのは明白です。

 

逆にテクニックやノウハウとは違いますが

まず敵を全体的に見て、戦略を立てたほうが

何倍も効率よく勉強でき

試験に合格に大きくつながります。

 

 

日本観光局のHPでも確認できるものですが

 

 

「調べるのめんどくさい

 わかりづらいし誰かまとめてくれよ」

 

そのように感じる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

独学でなんとかしようとしている方は

自身で情報収集している方も

いらっしゃると思いますが

 

 

これから学んで攻略する試験を

知らないということは

 繰り返しますが

 

「戦場を知らず、なにを装備していいか

 わからない。無防備な状態」

 

 

 

そんな風に言えます。

 

 

無謀に特攻し自信を失う。

 

 

そんなことにならないよう

ポイントを押さえていきます。

ポイントは4点です。

 

f:id:takumi-change1115:20170429151030j:plain

 

①期間

大まかに分けて試験は

2段階に分かれます。

 

 

4つの筆記試験(語学・日本歴史・

日本地理・一般常識問題)は

平成29年8月20日(日)

 

筆記試験合格発表は
平成29年11月9日(木) (予定)となります。

 

そして口述試験

平成29年12月3日(日)

 

になります。

 

合格発表は

・ウェブ上での合格者受験番号の掲示

平成29年12月25日(月)~28日(木) (予定)
 

官報公示、合否通知および合格証書の発送 

平成30年2月2日(金) (予定)

となります。 

 

以下、詳しく内容に触れていきます。

 

②筆記試験

・外国語筆記試験

・日本地理筆記試験

・日本歴史筆記試験

・産業経済及び文化に関する

一般常識筆記問題

 

「え、こんなに試験いっぱいあるの?

 選択式じゃないの?」

と思ったかもしれません。

 

安心してください。

外国語筆記の一部を除き

ほとんどマークシート式の

テストになっています。

 

以下、それぞれの試験内容を

詳しく説明していきます。

 

 

 

②‐1

外国語筆記試験

 

外国語筆記試験は

英語、フランス語、ドイツ語など

11種類の言語から選択可能です。

 

内容としては

 

外国語文の読解問題(配点25 点程度)

外国語文和訳問題(15点程度)

和文外国語訳問題(30 点程度)

外国語による説明

(あるテーマ、用語について外国語で説明する

問題(30 点程度)

 

の100点満点でマークシート

またはマークシートと記述の

組み合わせの出題です。

 

試験は100点満点、120分で

合否判定は原則として70点を

合格基準点にしています。

 

 

 

②‐2

一次邦文試験

 

・日本地理筆記試験

・日本歴史筆記試験

・産業経済及び文化に関する

一般常識筆記問題

 

これらの試験をこのブログでは

便宜上

一次邦文問題と呼ばせていただきます。

 

 

 

内容は三科目とも

外国人観光旅客が多く訪れている又は

外国人観光旅客の評価が高い観光資源

関連することについての主要な事柄

 

 

と定義されているように

主要な事柄をメインに扱っているので

そこまで深く考えなくても大丈夫です。

 

試験はマークシート方式

それぞれ40分、40問程度で

100点満点になります。

 

日本歴史、日本地理の7割

 

産業経済及び文化に関する

一般常識筆記問題の6割が

合格基準点になります。

 

f:id:takumi-change1115:20170228231836j:plain

 

③科目免除

 

一部の方は試験科目が免除されます。

せっかく利用できるのならば

どんどん利用していきましょう。

 

ここでは受講生のほとんど英語での

受験になると思うので

英語メインでまとめさせていただきます。

 

外国語筆記試験免除

・TOEIC840点以上

実用英語技能検定1級

 

その他、英語、ほかの言語に関しても

試験科目の免除があります。

 

 

 

日本地理、日本歴史

産業経済及び文化に関する

一般常識筆記問題なども

資格を持っていれば

免除される可能性があります。

 

 

 

④受験資格

 

年齢、性別、国籍、学歴等にかかわらず、

どなたでも受験可能で

昨年受けて合格した科目に関しては

翌年のみ免除されます。

 

 

 

 

まとめさせていただきます。

 

試験期間は二つ

筆記試験と口述試験がある

 

筆記試験には4種類

・外国語筆記試験

・日本地理筆記試験

・日本歴史筆記試験

・産業経済及び文化に関する

一次邦文問題

 

それぞれマークシート方式

(外国語筆記試験に関しては一部例外あり)

原則、合格基準は日本歴史・日本歴史が7割

一般常識問題が6割

(各科目平均点により下がる可能性あり)

 

一部試験科目がある。

資格保有者は要チェック!

 

どうしても不安だ。

わからないことがあれば

こちらをチェックしてくださいね!

試験科目、受験手数料、試験場所、試験免除|通訳案内士試験概要|日本政府観光局

(JNTO)

 

それではまた、お会いしましょう!

 

 この記事を読んだ方にオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com

 

7割決まる!?合否をわける鍵!!

こんにちは!

通訳案内士取得チューターのニックです!

 

突然ですが

あなたは通訳案内士をとったあと、

どんなあなたになっていたいですか?

 

f:id:takumi-change1115:20170205231704j:plain

 

今日お話しさせていただくことは

一番重要なマインドセットのお話です。

できれば、ペンと紙の用意をお願いします。

 

質問に戻りましょう。

こう質問されたとき、あなたはどう答えますか?

きっとそれぞれ、違った目的があると思います。

 

 

しかし、重要なことは

「通訳案内士をとること」

ではなく、取った後どうなりたいかです。

 

 

通訳案内士という国家資格は確かに魅力的です。

ただ通訳案内士はあなたのなりたい姿を

実現するための通過点でしかありません。

 

大事なのは資格を取得した後。

どのように資格を活かし、生活しているかです。

 

つまり、資格を取得した後の

理想の自分、なりたい自分をイメージすることが

1番重要なことになります。

 

 

このなりたい自分をイメージすることは

あなたのモチベーションに直結します。

 

 

この部分で

合格するかどうか7割決まる

といっても過言ではないです。

 

 

きっとあなたは今までの生活から変わりたい。

語学を仕事にしたい。

この資格を自分の強みにしたい。

そう思って、このブログを読んでいると思います。

 

その気持ちは本当に素敵だし、大事です。

だからこそ

今の思いをしっかり言葉にしてほしいのです。

 

 

 

私は始め、なにも考えずに勉強していました。

「語学を使った仕事をしたい。

 だから証明がほしい」

それだけを考えていました。

 

 

するといつの間にか

勉強をこなすことで

頭がいっぱいになってしまいました。

 

いつも「勉強しないと。」

そんなことばっかり考えていました。

その結果勉強することが嫌になってしまいました。

 

そうしていつの間にか勉強から離れていきました。

 

f:id:takumi-change1115:20170205231911j:plain

 

 

そんなとき、

私が通訳案内士を目指していることを

知った友人が聞いてきました。

「通訳案内士の資格とってなにしたいの?」と。

 

私はうまく答えられませんでした。

なぜなら、受かった後のことなんて漫然としか

考えていなかったからです。

 

とりあえず

通訳案内士をとっておけばいい方向に変われる。

そう思っていました。

 

ところがここの部分があやふやだと

結局どうしてやる?の部分がぶれてしまい、

行動につながりにくくなってしまいます。

 

どうして通訳案内士の資格が必要か。

資格を取得したあと

どうなりたいかを紙に書きました。

 

そして、その紙を机の前の壁にはり

いつでも見えるようにしました。

 

そうして毎日なりたい自分を意識しました。

そうすると自然に勉強に取り組むようになり

勉強内容がスラスラ頭に入るようになりました。

 

 

その結果

合格をつかみ取ることができたのです。

 

 

私の場合、マインドセットは

誇りとやりがいを持って仕事をし

時間にとらわれず生活している自分

でした。

 

 

 

ここで最初の質問にもどります。

あなたは通訳案内士をとったあと、どんなあなたになりたいですか?

 

 f:id:takumi-change1115:20170205232238j:plain

 

今日はこの点をメモに書き出してみてほしいです。

最初は難しいと思いますが、出てきたアイデアを否定せず

紙にかきだしてみてください。

 

 

意外と自分が意識してなかった

動機や理由がでてくると思います。

その内容を1文にまとめてみましょう。

今日はそれができたら寝てしまってもかまいません。

 

できればいつでも見れるところに張って

無意識に刷り込みましょう

かの有名な心理学者、フロイト

無意識は意識の9割を占めてるといいました。

 

この9割の力を活かせば勉強をすることが

当たり前の状態になるので

モチベーションなど関係なく継続して

勉強できるようになります。

 

きっとあなたは紙に書き出した

なりたい自分になろうとしている

自分にワクワクしていると思います。

 

数日後、あなたは

モチベーションが格段に上がり

試験のための勉強が自分のための勉強という意識

に変わっているでしょう。

 

どうしても行き詰ってしまう方は

コメントしてください!

お手伝いいたします!

 

あなたがすこしでもなりたい自分に近づけたら

幸いです。

 

 

それではまた、お会いしましょう!

 

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com

 

 

あなたの勉強スイッチ、おつけします

んにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

 

あなたは

勉強時間を少なくして余暇の時間を増やす勉強法

知っていますか?

 

 

今回は友人にこんな相談を受けました。

 

勉強時間を増やしているのに成績がのびない

 

あなたもそんな経験ありませんか?

 

 

f:id:takumi-change1115:20170205230133j:plain

 

私はありました。

私は大学受験のとき、まさにその悩みで苦しんでいました。

 

周りのだれよりも勉強をしているのに成果が出ない。

私はバカなのかもしれない

本気でそう思っていた時期がありました。

 

そうしてまた勉強時間を増やし、1日10時間勉強していました。

ところが全然成績はついていきませんでした。

それどころか、どんどん周りに抜かれていったのです。

 

恥を忍んで友人に勉強法を聞きました。

その方法は勉強効率を格段に良くする方法でした。

 

f:id:takumi-change1115:20170205230305j:plain

 

その勉強法を実践した結果、成績は飛躍的に伸びました

それだけでなく

自分の好きなことをする時間がとれるようになりました。

 

勉強時間を延ばしたのではありません。

むしろ格段に少なくして、結果を出す方法です。

とてもシンプルです。

 

 

 

それは

勉強時間を区切ることです。

 

人間の脳は60分から90分しか集中力が持続されないことが

科学的に証明されています。

 

つまりだらだら長い時間をかけていても、成果にはつながりにくいのです

 

 

「タイムプレッシャー法」

これは脳科学の権威、茂木健一郎さんも推奨している勉強法です。

この勉強法は勉強時間を短く、効率的にする方法です。

 

 

特にこの方法は

日本歴史、地理、一般常識を勉強するあなたにとって

重要な勉強法です。

 

 

内容は

・自分で時間を区切る(60~90分)

・できるだけ多くの問題を解き脳に負荷をかける

・勉強に没頭する

 

この3点を抑えると非常に効率的に勉強することができます。

重要なのはひとつの問題にこだわらないこと。

何度も繰り返し、そのたび時間を短縮していくことです。

 

 

 

ここで簡単なワークをやりましょう。

時間は1分。

目についた文章を1文、

暗唱できるほど繰り返し読んでみましょう。

 

 

どうですか?

たった1分ですが、

何回も読むことによって脳に負荷がかかり

覚えることができたと思います。

 

この方法は勉強の質を上げること

そして

あなたのプライベートの時間も確保すること

にもつながります。

 

f:id:takumi-change1115:20170205230933j:plain

 

今すぐ

スマホでも目覚まし時計でもアラームで

1時間セットしておきましょう。

 

あなたがこの勉強を活用して、

目標に少しでも近づけたら幸いです。

 

それではまた、お会いしましょう!

 

 

 この記事を読んだあなたにオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com

 

 

 

 

雪だるま式に勉強にのめりこんでいってしまう勉強計画

んにちは!

通訳案内士取得チューターのニックです!

 

あなたは学習計画を立てて勉強していますか?

 

友人からこんな相談を受けました。

「計画って本当に必要なんですか?

 いちいち立てるのめんどくさいじゃないですか

 

はい。めんどくさいと思います。

 

f:id:takumi-change1115:20170205223021j:plain

 

一度は作ったであろう学習計画。

一度立てたからにはなんとか実行しようとしますよね?

 

 

ところがなにか予定や仕事が入り

実行できないことがあると思います。

 

 

 

このブログを読んでいるあなたも、

そんな経験があるのではないでしょうか?

 

「突然、友達と会う予定ができた」

「仕事が終わらなくてそんな余裕がなかった」

 

目標を達成しようと思ってつくった計画が

いつのまにか、こころの負担になっている。

 

またこんな風に自分を否定しちゃうかもしれません。

「自分は怠け者だ。

 こんなんじゃ資格合格なんて無理だよ」

 

達成できなかったタスクは翌日以降にもちこし

徐々にやる気を削っていく厄介な代物です。

 

そしてこの流れは勉強が続かない

負の循環を簡単に作ってしまいます。

この循環ができてしまうと

なかなか抜け出すのは困難です。

 

f:id:takumi-change1115:20170205223400j:plain

 

今回はそんな負のループを作らず

簡単に良いループに入って嫌でも

どんどん勉強が進んでしまう勉強計画法

についてお話しさせていただきます。

 

 

この方法を実践すれば

今まで勉強ができなかったことが

ウソのように感じられ

驚くほど勉強が続き目標に近づくと思います。

 

 

逆にこの方法を知らないと

勉強計画は立てるけど続かない。

勉強計画がストレスに感じる。

そんな負のループから抜け出せないかもしれません。

 

 

勉強計画の立て方

f:id:takumi-change1115:20170228234207j:plain

 

あなたは計画を作るとき

どのように計画を立てていますか?

 

おそらくこのように計画を作っていると思います。

 

・どのくらいやるか( 量 )

・いつまでにやるか( ゴール )

 

具体的に言うと

参考書名 ページ数

 

この2つの軸で考えている人が

非常に多いと思います。

実際、この方法はメジャーだし有効です。

 

でもそれって本当に継続できますか?

 

 

正直に言うと

私は恥ずかしながら継続できない人間ですので

 なかなかできませんでした。

 

いつも計画倒れしてしまい

自分は自分で決めたことすらできないのか。

そう考えていました。

 

しかし友人などに聞いてみると

意外と実行できていない人がいることを発見しました。

 

そこで実行できていない共通点を考えてみました。

 

 

実行できない理由

f:id:takumi-change1115:20170220152135j:plain

ではなぜ実行できないのか。

それはあなたのせいではなく

どのくらいやるのかという点で

かなり無理して計画を立てていることが理由として挙げられます。

 

例えば

○○参考書を一日10ページやる。

このような方法でやってませんか?

 

勉強を始めると

「げ、めっちゃ難しい単語ばっかりじゃん。

でも10ページやらないと」

 

いつのまにか試験合格のための勉強ではなく

参考書を終わらす

という考えにすり替わっています。

 

こうなると泥沼にはまり

勉強が楽しくなくなってしまいます。

 

ただ時間が経過して、結局、

効率の悪い勉強にしかなりません。

 

そうして

負の連鎖に取り込まれていってしまいます

 

f:id:takumi-change1115:20170205223642j:plain

 

この負の連鎖を断ち切る方法は

1つしかありません。

 

本当に簡単なタスクを実行するだけ

にするのです。

そうするとあなたは計画を実行し

成功するループに入ることができます。

 

 

さらに計画を守れないことの

無力感、否定的な感情を感じずに

次々と行動することができます。

 

具体的には

・参考書を開き、日付を書く。

・机に座り、5分は離れない。

 

自分が必ずできるという

ラインで実践していくと

かなり効率的に計画を進められると思います。

 

この時のポイントして

具体例のように

2つの行動を入れてあげると

さらに次の行動につながりやすくなります。

 

 

 

この方法にはもう一つのメリットがあります。

それは勉強をはじめることへの

心理的な障壁をなくすことです。

 

勉強しようと思うと

どうしても身構えてしまう。

めんどくさく感じてしまう。

 

そんな方にもおすすめな方法です。

 

 

 

「こんな方法で合格できんのかよ。

もっと詰めたほうがいいだろ」

 

と、思われるかもしれませんが

無理に学習計画を実行して

自信を失うより、数十倍効率が良くなります。

 

f:id:takumi-change1115:20170205224005j:plain

いますぐ

 

あなたの計画表に

参考書を机に置いて、最初の行を読む

など、極力簡単なことを書いてみましょう!

 

計画がうまく機能すること間違いなしです!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

それではまた、お会いしましょう!

 

この記事を読んだ人にオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com