読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの勉強スイッチ、おつけします

んにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

 

あなたは

勉強時間を少なくして余暇の時間を増やす勉強法

知っていますか?

 

 

今回は友人にこんな相談を受けました。

 

勉強時間を増やしているのに成績がのびない

 

あなたもそんな経験ありませんか?

 

 

f:id:takumi-change1115:20170205230133j:plain

 

私はありました。

私は大学受験のとき、まさにその悩みで苦しんでいました。

 

周りのだれよりも勉強をしているのに成果が出ない。

私はバカなのかもしれない

本気でそう思っていた時期がありました。

 

そうしてまた勉強時間を増やし、1日10時間勉強していました。

ところが全然成績はついていきませんでした。

それどころか、どんどん周りに抜かれていったのです。

 

恥を忍んで友人に勉強法を聞きました。

その方法は勉強効率を格段に良くする方法でした。

 

f:id:takumi-change1115:20170205230305j:plain

 

その勉強法を実践した結果、成績は飛躍的に伸びました

それだけでなく

自分の好きなことをする時間がとれるようになりました。

 

勉強時間を延ばしたのではありません。

むしろ格段に少なくして、結果を出す方法です。

とてもシンプルです。

 

 

 

それは

勉強時間を区切ることです。

 

人間の脳は60分から90分しか集中力が持続されないことが

科学的に証明されています。

 

つまりだらだら長い時間をかけていても、成果にはつながりにくいのです

 

 

「タイムプレッシャー法」

これは脳科学の権威、茂木健一郎さんも推奨している勉強法です。

この勉強法は勉強時間を短く、効率的にする方法です。

 

 

特にこの方法は

日本歴史、地理、一般常識を勉強するあなたにとって

重要な勉強法です。

 

 

内容は

・自分で時間を区切る(60~90分)

・できるだけ多くの問題を解き脳に負荷をかける

・勉強に没頭する

 

この3点を抑えると非常に効率的に勉強することができます。

重要なのはひとつの問題にこだわらないこと。

何度も繰り返し、そのたび時間を短縮していくことです。

 

 

 

ここで簡単なワークをやりましょう。

時間は1分。

目についた文章を1文、

暗唱できるほど繰り返し読んでみましょう。

 

 

どうですか?

たった1分ですが、

何回も読むことによって脳に負荷がかかり

覚えることができたと思います。

 

この方法は勉強の質を上げること

そして

あなたのプライベートの時間も確保すること

にもつながります。

 

f:id:takumi-change1115:20170205230933j:plain

 

今すぐ

スマホでも目覚まし時計でもアラームで

1時間セットしておきましょう。

 

あなたがこの勉強を活用して、

目標に少しでも近づけたら幸いです。

 

それではまた、お会いしましょう!