読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学力はあるけど通訳案内士一次邦文問題を解けなかった私がたった2ヶ月で独学一発合格したMFTメソッド

このブログは語学力はあるけど通訳案内士一次邦文試験が解けなかった私が、独学たった2か月で試験合格した方法をブログでつづっています。

【※回数制限付き】あなたを強制的にやる気にさせる方法

 こんにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

一度決断したのに

実行できない。中途半端に終わる……

そんなことありませんか?

 

今日は

「一度決断したことを

 強制的に実行に移す方法」

についてお伝えします。

 

あなたがこの記事を最後まで読んだら

 

一度決断したことを

最後まで実行し

目標に近づく

自分を手に入れること

 

そして

実行できたことは自信になり

理想の自分に大きく近づいたことを

実感します。

 

しかし

この記事を読まなかったら

 

いつまでも中途半端な状態で

実行できない自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

f:id:takumi-change1115:20170212132647j:plain

 

 

通訳案内士の資格を取るための

勉強をしようと思っていたのに

実行できない。

中途半端に終わる……

 

そんなことありませんか?

 

どうして一度決めたことが実行できないのか。

 

それはすべて自己完結しているからです。

自己完結してしまうと

途中で目標を曖昧にしてしまったり

言い訳を作りやすくなります

 

例えば、人との約束は守れるのに

自分できめたことはついつい破ってしまう。

そんな経験ありませんか?

 

人は頭の中で考えている

自分の決意をゆがめたり

実行できない理由を並べてしまいがちです。

 

これは変えられない習性だし

自分を守るためには

むしろ必要な部分でもあります。

 

 

 

ではどのようにすれば実行できるのか。

 

その習性を逆手に取って

他人の目を利用しましょう。

 

f:id:takumi-change1115:20170220120459j:plain

 

 

 先ほどの人との約束を守れるというのは

人の目があればしっかり実行するという

証明です。

 

 

人は他人の目を気にして生活しています。

そうして、約束を破った時に起きる

信頼の低下や怒らせたくないという気持ちから

約束を破らないように行動します。

 

裏を返せば、人に認められたい、信用されたいという

所謂、承認欲求の話の話になってきます。

 

人に認められたい。

これは本当に強い原動力です。

 

この原動力を生かさない手はありません。

 

この原動力を活かすためには

他人に自分の決意を口にする方法

最適です。

 

一度口にしたことは

脳がそうなりたいと認識してしまい

その方向に勝手に向かっていくというのも

科学的に証明されています。

 

 

そして一番大事なことは

決意を口に出すと

実行しないといけないという環境

を手に入れることができるということです。

 

これはすごいモチベーションになります。

 

 

 

「でも、口にだすのは恥ずかしい。

 実行できなかったら嫌だ」

 

そう思うかもしれません。

 

では実際

決意表明した場合を想定しましょう。

 

「通訳案内士になって好きなことをしたい」

「資格を取って自分のスキルの証明にしたい」

 

人はあなたのことを笑いますか?

 

いいえ。そんなことはありません。

 

 

 

むしろ

挑戦しようとしている人

努力している人として認識されます。

 

またやさしく支援してくれたり

有益な情報をあなたにもたらすかもしれません。

 

あなたはそんな人たちに対して

成果をもって答えようとします。

 

もし、万が一、笑う人がいるとしたら

それは他人の不幸を楽しむかわいそうな人です。

無視しましょう。

 

f:id:takumi-change1115:20170212133425j:plain

 

 

もうひとつ決意を口にすることで

意識してほしいことがあります。

 

それは

人はあなたのことをそこまで気にしていない

ということです。

 

こういうと語弊が生じるかもしれませんが

 

人は自分にとって

重要な判断や決断だと

過剰反応してしまう習性があります。

 

ところが

他人にとってあなたの決断は

そこまで重要ではないのです。

 

 

つまり、

決意を口にするデメリットは

ほとんどありません。

 

 

むしろ高評価につながりやすい方法といっても

過言ではありません。

 

 

 

ただしこれには回数制限があります

オオカミ少年の例にもあるように

何度も口に出して実行しないと

あなたへの信頼は低くなります

 

また自分自身も口にすることの

制約がなくなり、実行しないことの

罪悪感がなくなってしまいます

 

それらを回避するため

あなたは必死になって

勉強することが当たり前になってきます。

 

そして成果が出ると

 

自分に大きな自信を得るとともに

 

あなたは周りの人に

行動力がある人と認識され

あこがれられる存在になっていきます。

 

f:id:takumi-change1115:20170212133045j:plain

 

そこでまずは

 

今日5分勉強する

 

実行可能なものを自分で選び

友達や家族に宣言してみましょう。

 

方法はなんでもかまいません。

 

きっと

やらなきゃという感情と

目標を達成したあとの自分に

ワクワクしてきます。

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまた、お会いしましょう!

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事はこちらです

guideinterpreter.hatenablog.com

guideinterpreter.hatenablog.com