読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合格する人の過去問活用術

んにちは!

通訳案内士チューターのニックです!

 

今日は

「合格する人の過去問活用術」

についてご紹介します!

 

f:id:takumi-change1115:20170226231405j:plain

 

この方法を知ると

 

過去問を解く際に

どんなことを意識すれば 

本試験のときに焦らず

本来の力を出し切れるかを学べます。

 

逆に知らないと

過去問を解いても

「こんな感じか」という感想で終わり

本当の意味で試験に備えることが

できずに終わってしまう可能性大です。

 

 

本当にちょっと意識するだけで

大きな差が開いてしまうので

ぜひ最後まで読んでくださいね! 

 

 

 

過去問を解く意味って?

f:id:takumi-change1115:20170226233019j:plain

 

過去問を解く際

あなたはどのようなことを

意識するでしょうか?

 

 

 きっと過去問を解いて試験が

「どんな問題のパターンがあるか

 知っておきたい」

「どの範囲が出題されるのかを知りたい」

 

そう思って過去問に

トライしていると思います。

 

私もそう考えてやっていました。

 

 

しかしその解き方だと

残念ながら

本当に過去問を活かせているとは

言えません。

 

本当にもったいないことをしています。

 

 

 

あるたったの一つ軸を入れることで

格段に問題の解き方が変わり

より簡単に高得点を取れるように

なってしまいます。

 

それは

「捨て問を見つけること」です。

 

 

 

捨て問を見つける?

f:id:takumi-change1115:20170226231935p:plain

 

 

当たり前のことですが

試験に合格するのに

問題を解く力

制限時間内に問題を解く力

必要とされます。

 

そしてそれを試せるのが過去問であり

自分が今

合格とどのくらいの距離にいるのかを

図れるツールでもあります。

 

 

また

過去問を解くメリットとして

 

①出題分野の重要項目がわかる

②出題問題の形式がわかる

③問題のレベルがわかる

 

これらが分かるため逆算して

どのような勉強をどのくらい

どのような方法でやるか

という見当がついてきます。

 

 

そして今回

もう一つ軸として入れてほしいのが

前述した「捨て問を見つける力」です。

 

 

 

通訳案内士の試験では

かなり「これ誰が解けるんだ」という

問題が出てきます。

 

例を挙げるならば

日本における

ウォシュレットトイレの普及率

などです。

 

f:id:takumi-change1115:20170226232505j:plain

 

こんなのふつうわからないですよね?

こういう問題は思い切って

捨ててしまいましょう。

 

 

合格ラインは日本地理、日本歴史は原則7割

一般常識問題は原則6割です。

 

できる問題を堅実に押さえていきましょう。

 

 

こういう問題は

あなたを焦らせ

試験時間のペース配分を

狂わせてきます。

 

そうして焦ってしまうと

本来の力が出せなくなり落ちてしまう……

なんてこともあるかもしれません。

 

 

そこで過去問です。

過去問である程度

「この問題は捨てよう」

という見切りができてくると

 

確実に取れる問題を落とさずや

ちょっと考えればわかる問題を

解けるようになり

点数が確実に伸びてきます。

 

 

何をしたらいいの?

f:id:takumi-change1115:20170226232722j:plain

それでは

 

解けない問題は

即とばすように

意識してください

 

今までよりも問題に執着しないで

余裕をもって回答できるようになります。

 

そうして余った時間で

解けそうな問題を解き

優先順位を意識して

問題が解けるようになったあなたは

 

今までよりも一次元高いところから

試験に取り組むことができます。

 

 

 

今日はここまでです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

それではまた、お会いしましょう!